育毛剤 男性用 女性用

 

このページは、男性用の育毛剤を女性が使ってもいいのか?についてまとめてあります。
男性用と女性用の成分・効果の違いや、使ってもいいのかを調べてみましたので参考にしていただければと思います。


男性用の育毛剤は女性が使っても大丈夫?

男性用と女性用の違い

 

男性用育毛剤の特徴

 

男性用育毛剤には、外用発毛剤の成分として「ミノキシジル」が使われているものが有名です。

 

たとえば、リアッププラスはミノキシジル1%配合、 リアップ×5はミノキシジル5%配合となっています。

 

ミノキシジルとは?

ミノキシジルという成分は、成人男性および成人女性の男性型脱毛症患者に対して用いられます。日本皮膚科学会による男性型脱毛症(AGA)に対する治療法のガイドラインでは、発毛効果Aランクとされているようです。

 

女性用育毛剤の特徴

 

女性用育毛剤には、頭皮への栄養補給を行う成分、保湿効果に優れている成分、女性ホルモンと似ている働きをする成分が使われていることが多いです。

使ってはいけない男性用の育毛剤

女性が使ってはいけない男性用の育毛剤ということでは、フィナステリドという成分が入っているプロペシアという製品です。
こちらは錠剤タイプの飲む育毛剤です。

 

フィナステリドという成分は、男性ホルモンに働きかけるものなので、女性が服用した場合は妊娠異常が起こる心配があると言われています。そのような理由から、女性には処方されることはないようです。

 

ミノキシジルという成分については、「リアップレディ」が登場しました。ただし、ミノキシジルは男性でも合わないという人がいて、頭皮の痒み、アレルギー反応が出てしまう場合があるようです。

 

もしご主人が使っているから私も同じのを使おうかな?と思っている場合は、成分に注意してくださいね。

男性用を使うとどうなる?

危険ということでお伝えしますと、フィナステリド(プロペシア)は、服用はもちろんのことで、手に触れてもいけないという見解があります。

 

先ほどの妊娠異常というのは、お腹の中の赤ちゃんに影響が出るというもので、生殖器官に発達異常が起こる心配があるようです。ただ、ネット情報で見る限りでは理論上ということで症例が多くある様子ではありません
これから赤ちゃんがほしいと思っている、妊娠中という方は、産婦人科の先生にも相談をするのがベストです。

 

参考までに、フィナステリドのWikipedia情報を見ると、

禁忌
・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
・妊婦または妊娠している可能性のある婦人および授乳中の婦人
また服用中は献血してはいけない。献血には、最低でも1ヶ月の休薬期間をとる必要がある

とあります。

 

 

市販されている男性用の育毛剤については、保湿成分や栄養成分などの女性にやさしい成分が配合されていないので、女性の頭皮には刺激が強すぎる心配があります。

女性には女性用の育毛剤がおすすめ

女性用の育毛剤の主流は、栄養成分や保湿成分が配合された低刺激のものです。さらに、もっと女性に配慮されている育毛剤も増えてきました。女性のホルモンの働きに似ているイソフラボンが配合されたもの、刺激のない無添加のものですね。

 

女性は、頭皮への心配からも女性用に作られた育毛剤を使用することをおすすめします。