マイナチュレ ミノキシジル

マイナチュレにはミノキシジルが入っている?

ミノキシジルというのは育毛効果が注目されている成分ですが、マイナチュレには配合されていません。ミノキシジルは副作用があるらしいし、入っている育毛剤は不安だな…と思っている方には安心して購入できますね。

 

 

男性用育毛剤のリアップに配合され、一躍有名になった育毛成分のミノキシジル。いったいどんな効果や副作用があるのでしょうか?

 

この記事ではミノキシジルについて調べてまとめてみました。

ミノキシジルってどんな効果があるの?

ミノキシジルは血管を拡張することにより血圧を下げる働きがあることから、高血圧治療薬として開発されました。※アメリカでは降圧薬として承認されています。

 

 

アメリカで降圧薬としてミノキシジルが使用されているとき、患者に「多毛」の副作用があらわれました。多毛症とは、顔や体中に毛が生える症状ですが、原因としては細胞が活性化したことと血流が増加したことではないかと言われています。

 

これをうけて、アメリカの製薬会社アップジョン(いまのファイザー)が育毛剤としての研究・開発を進め、ミノキシジルを主成分とした発毛剤「ロゲイン」が誕生します。この発毛剤は、世界中で販売されています。

 

日本では、ミノキシジルを使った降圧薬は認可されていませんが、このアップジョン社の製造ライセンスで大正製薬が発売している育毛剤があります。それが「リアップ」です。

ミノキシジルの副作用は?

ロゲインやリアップに使われているミノキシジルが効果的なのは、男性型脱毛症(年齢をかさねると生え際から抜けてくるいわゆるM字ハゲや、頭頂部から円状でぬけてくるいわゆるO字ハゲなど)です。

 

女性に多い、産後の脱毛症や、円形脱毛症には効果や安全性がはっきりしていません。そのためミノキシジルは女性や未成年は使用を控えるように注意喚起されています。

まとめ:マイナチュレにミノキシジルは使われていない

このように、男性向けの育毛作用としては期待のできるミノキシジルですが、マイナチュレには配合されていません。

 

マイナチュレは女性でも安心して使える成分でつくられていますので、ミノキシジルの副作用などは心配されなくても大丈夫です。

 

 

【参考】マイナチュレ(育毛剤)の成分一覧はこちらです

 

水、コカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、グリセリン、コカミドDEA、塩化Na、ラウロイル加水分解シルクNa、クエン酸、1,2-ヘキサンジオール、フェノキシエタノール、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、オレンジ油、ビフィズス菌発酵エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、サリチル酸、ペンテト酸5Na、グリチルリチン酸2K、ラベンダー油、BG、炭酸水素Na、トレハロース、エタノール、乳酸Na、センブリエキス、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解ヒアルロン酸、カプリロイルグリシン、エイジツエキス、カキタンニン、乳酸、ルイボスエキス、サッカロミセス溶解質エキス、トウキ根エキス、加水分解酵母エキス、トウキンセンカ花エキス、ミルシアリアデュビア果実エキス、チャ葉エキス、カミツレ花エキス、ビワ葉エキス、ローヤルゼリーエキス、ショウガ根エキス、加水分解コラーゲン、ドクダミエキス、ゼニアオイエキス、ダイズ種子エキス、ユズ果実エキス、ローズマリー油、ユーカリ葉油、エンピツビャクシン油、パルマローザ油、ティーツリー葉油、ローマカミツレ花油、ビターオレンジ葉/枝油、ヒマワリ種子油